2010年06月27日

天国はここにあり―新・天使クラブへようこそ☆1

おはようございます。

今日の熊谷の天気は曇り。

今日も少し読書をしています。

最近毎日本を読めています。

つい先日までご飯も食べる時間がなかった私が、毎日本を読めています。

本当に感謝です☆


今日は、ようやくこの本を読み始めました。


山川鉱矢さんは知る人は知る
「聖なる予言」「前世療法」「アルケミスト」「ザ・シークレット」他たくさんの翻訳で知られています。

奥様亜希子様と共に翻訳を手掛けていらっしゃいます。



アメリカにいる頃、「アウト・オン・ア・リム」を翻訳した後に人生が変わったそうで。

その頃はまだいまの財務省で働いていたそうです。


「アウト・オン・ア・リム」は輪廻転生について書いた本だそうです。



最初は「輪廻転生」についてのストーリーを作ったことに対し、
憤慨していたそうです。


けれどもその本の中で、精霊が出てきて「一番大切なことは、自分自身を知ること」と言ったため、

本を翻訳するに至ったそうです。


その頃、人生で一番大切な事は「汝自身を知れ」(ソクラテス)だということを、身をもってわかったばかりだそうです。

もし、自分の前世を知りたかったら、まず自分の中を探してほしいと書かれています。


自分が何者か?自分は誰なのか?がわかってくる段階で

すごく神秘的で不思議なことが起こってくるそうです。


そして、もう自分の前世がわかってもいいころになると、

教えてくれる人が自然に現れたり、自分でもわかったりするそうです。


輪廻転生の本当の意味がわかってくると、この世はとても不思議なところだとわかってき、

そして今生、何の目的で、何をしにこの地球に生まれてきたのかもわかってくるそうです。



私も最近、自分のこと、自分の体のことが大変よくわかるようになってきました。

なんと・・・細胞の感覚までわかってきたようです。

わかりすぎ?!(笑)


また、おかげさまでここ数年の間に、何人かの方が、私の前世を教えてくださいました☆


その中に、前世は沖縄で巫女さんをしていた。

沖縄で三線を弾きながら、たくさんの人々に囲まれて唄っていた・・・という内容もありました♪

※三線の内容は、二人の方から同じような内容を言われました。
びっくりしますよね〜(*^_^*)


今も大好きな沖縄、そして、三線。

そんなところから来ているのかな〜



少し話がそれてしまいましたが、なんだかとっても楽しそうな本です。

あなたが今、この本を開いて読んでいるのは偶然ではなく、

「今の今という時によむことに決まっていたから読んでいる」と書かれています。


すべては偶然ではないという考え方・・・本当に最近よく耳にします。


このブログをいつも読んでくださっている方々も、

今日、たまたま読んでくださっている方々も、

それはきっと偶然ではないのだと思いました(*^_^*)



最後までお読みくださいまして本当にありがとうございます☆

どうか今日も素敵な一日でありますように☆




アマゾンのリンクを貼っておきますね!






天国はここにあり―新・天使クラブへようこそ




いつも応援クリックありがとうございます(*^o^*)
人気ブログランキングへ
posted by けいちゃん☆ at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの本☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。